整形外科 – 肩痛・腕が上がらない

<< 整形外科TOP


50肩だけではなく、様々な原因があります。

~ 原因 ~
五十肩 原因は様々ですが、40代以降に多く、肩関節内、周囲の筋・組織に炎症を起こし、全方位的に可動域が悪くなってしまいます。安静時痛・夜間時痛もあり、親善経過で改善することもありますが、診断を明確に行い、注射療法・薬物療法・理学療法が必要となります。
肩腱板断裂 外傷や重労働、スポーツが原因での肩腱板損傷が起きた場合、動作時痛が強く、引っかかりや腕の挙上困難が特徴です。注射療法・薬物療法・理学療法での効果がない時は、関節鏡手術が必要なこともあります。
変形性肩関節症 肩関節の軟骨が変性して破壊が進行している状態が、変形性肩関節症です。軟骨がすり減って少なくなると肩の動作によって負担がかかって炎症状態になったり、骨が変形したりします。
肩関節は体重による負荷がかかりにくいため、発症頻度は股関節や膝関節などより少ないとされています。
しかし、脱臼や腱板損傷などがきっかけとなって靱帯や関節軟骨が損傷を受けることで変形性肩関節症が発症するケースはあります。1度でも損傷を受けた軟骨が完全に回復することはないため、放っておくと症状は進行してしまいます。疼痛、可動域制限が強い場合は人工関節置換術の適応となります。
肩鎖関節障害 外傷や変形にて肩鎖関節にある関節円板が破綻すると、動作時痛が生じます。
急性期の肩鎖関節脱臼、鎖骨遠位端骨折等は手術適応になることもあります。
石灰沈着性腱炎 40~50歳代の女性に多くみられます。肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です。巨大な石灰にて経過不良の際は関節鏡手術の適応になります。
頚椎疾患 頚椎ヘルニアや筋委縮性頚椎症等の頚椎疾患にて肩周囲痛・上肢挙上困難が起きます。自然軽快しなければ精密検査が必要となります。