整形外科 – 上腕~手指のしびれ

<< 整形外科TOP

seikeigeka4

~ 原因 ~
頚椎疾患 頚部痛や肩こりと思っている患者様の中にも、上腕から手指にかけての痛みやしびれを伴うことがあります。これは頚椎の中を通る頚髄や神経根の症状が発生しているためです。神経症状が出現する代表的疾患に頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症などがあります。
肘部管症候群 麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指と環指の一部に痺れた感じがでます。麻痺が進行すると手の筋肉がやせてきたり、小指と環指の変形がおきてきます。肘部管症候群とは、肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わって、生じる神経の障害をいいます。
手根管症候群 初期には示指、中指が痺れ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。急性期には、この痺れ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると痺れ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。