整形外科 – ひじ痛

<< 整形外科TOP

seikeigeka5

~ 原因 ~
テニス肘(外上顆炎) 手関節の背屈動作や前腕回内位で前腕伸筋群に連続的に負荷が持続し、前腕伸筋腱の付着部である上腕骨外上顆に炎症、時に腱の微細損傷をきたすものです。医学的に筋腱付着部症(enthesopathy)と呼ばれています。テニスのバックハンドにて良く発症することからテニス肘と呼ばれていますが、スポーツ以外でも、仕事や家事などの負担増大などでもおこる、非常に多い疾患です。
変形性肘関節症 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性肘関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性肘関節症があります。二次性の原因には骨折、脱臼(だっきゅう)などの外傷や、野球などのスポーツや、大工仕事などで過度に肘を使用することによって生じるものがあります。長時間の作業やスポーツなどで無理をした時などに肘関節に痛みが出ます。痛みの軽い場合もありますが、変形が進行するにつれて関節の動きが制限され、肘が完全に伸ばせなくなったり、洗顔や食事に支障が出たりします。変形に伴い肘の内側で尺骨(しゃっこつ)神経の圧迫による麻痺を生じ、手の力が入りにくくなったり、小指と環指(かんし)(薬指)にしびれなどが生じたりすることがあります。