整形外科 – 下肢痛・下肢のしびれ

<< 整形外科TOP

seikeigeka7

~ 原因 ~
腰部脊柱管狭窄症 腰椎の内部の脊髄神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経が圧迫される病態です。加齢に伴い骨棘の形成や靱帯の肥厚など脊柱管内の構築が変化することが原因です。歩き始めは特に下肢のシビレや痛みなどの症状は強くないですが、しばらく歩くと痛みのため歩くことができなくなります。しばらく休憩することで症状が緩和され前屈位をとると症状が軽減されやすいです(間歇性跛行)。神経を圧迫するような姿勢(後屈位)を避け、症状が出る前に休憩をとったり、杖や手押し車、コルセットを使う方法があります。薬物療法では消炎鎮痛薬や血流改善薬があり、牽引治療や温熱慮法なども併用して症状を緩和させます。痛みが強い場合は硬膜外注射や神経根ブロックが適応となります。
閉塞性動脈硬化症 閉塞性動脈硬化症は、下肢の血管の動脈硬化が進み血管が細くなったりつまったりして、充分な血流が保てなくなる病気です。そのため、血液の流れが悪くなり、歩行時に足のシビレや痛み、冷たさが自覚されます。さらに病状が進行すると、安静時にも症状が現れることがあります。下肢の筋肉は、運動をすることでの通常の10倍程度の血液量を必要としますが、動脈硬化になると血管が詰まって必要な血液量が不足します。その結果、筋肉内に乳酸などがたまりそれを下肢の痛みとして感じます。