スポーツ整形外科 – 肘の障害

<< スポーツ整形外科TOP

sports-seikei2

~ 原因 ~
野球肘 成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。
投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動か せなくなることもあります。繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。治療は適切な投球中止期間と肩甲帯・下肢を含めた、投球に必要な全身のコンディショニングが重要です。痛みを我慢して投球を続けていると障害が悪化して、症状によっては手術が必要になることもあります。
上腕骨離断性骨軟骨炎
(OCD)
野球肘の中でも、肘外側の上腕骨小頭の軟骨と軟骨下骨の障害です。無症状のOCDもありますが、成長障害も併発することもあり、専門家による精密検査と適切な理学療法が必要です。場合によっては、手術になることもあります。
肘関節内遊離体 野球肘(OCD)や変形性肘関節症に伴い肘関節内に遊離体を伴うことがあります。動作時痛や可動域制限(ロッキング)などの症状がある際は、関節鏡手術になることがあります。