スポーツ整形外科 – 膝の障害

<< スポーツ整形外科TOP

sports-seikei3

~ 原因 ~
半月板損傷 ひざに体重がかかる時やひざの曲げ伸ばしをした時に痛みが見られ、その他、膝関節の動きに違和感がある、うまく動かない、一定以上に曲げ伸ばしができないといった関節運動の制限、可動域の狭まりが見られるのが特徴です。傷ついて裂けた半月板が何かの拍子に関節にはさまることで、膝の曲げ伸ばしができない「ロッキング現象」が起こります。加えて激痛で歩行困難になる場合もあります。
膝靭帯損傷 靭帯とは、骨と骨とを結合させている強靭な繊維組織。バスケットボールやバレーボール、スキーなどのスポーツ時に、強い力が働くことで損傷し、時には断裂することもあります。靭帯断裂の代表的なものとしては膝関節の前十字靭帯・後十字靭帯の断裂や、足関節の靭帯断裂があげられます。強い痛みと腫れがおもな症状で、痛みのために患部周辺を動かせないこともあります。また膝関節の十字靭帯を損傷した場合、グラグラと不安定感が強くなります。放置すると損傷した靭帯が膝関節の組織(軟骨面や半月板など)を傷つけてしまい、骨の変形をきたすこともあります。
離断性骨軟骨炎 離断性骨軟骨炎とは、骨の先端にある軟骨部分が壊死して骨の一部と一緒にはがれることで起こるスポーツ障害です。特に10代の成長期の男子に多い障害で、発生率は女子の2倍とも言われています。10~20代の若年層に多いですが、幼児や高齢者にも見られます。症状は急に膝が動かなくなり、同時に激しい痛みを感じるなど、一定の角度以上に伸ばすことができなかったり、曲げることができなかったりと症状は様々です。他にも「痛みは膝を動かした時のみ発生し、安静時はほとんど痛みがない」や「膝に何か挟まっているような感じがして動かしづらくなる」などの特徴があります。